キャンペーンは終了致しました。
ご協力ありがとうございました。



投票日、一斉告知キャンペーン

FIRST STEPは、世界初のSNSを活用した投票日、一斉告知キャンペーンです。

事前に予約した投稿が、投票日の前日の同時刻に一斉に投稿されることによって、
選挙のお知らせを日本中に広げます。


同時投稿まで

0

投稿予約数

4,823

リーチ数(合計フォロワー数)

6,634,267


終了しました。ご協力ありがとうございました。

このキャンペーンに参加している人

FIRST STEPとは

キャンペーンについて

インターネット選挙運動が解禁されて最初の参議院選挙が2013年7月に実施されます。
解禁されたからといって直接的に投票率とは関係ないかもしれません。

でも、投票にいかない理由は少し減ったはず。インターネットを通じて、若者の政治への、選挙への能動的な参加を訴えたい。
投票日前日の7月20日にSNSを通じて、次の日が投票日であることを一斉に告知するキャンペーン、FIRST STEP。
最初の一歩を、呼びかけよう。投票に行く人を増やすために。

参加する方法

  • ①SNSアカウントを使いFIRST STEPに登録します。

  • ②投票日前日(2013年7月20日)に登録された全ての参加者のSNSアカウントに、同じタイミングで、同じメッセージが自動配信されます。

  • ③これによりSNS上でバズを起こし話題を創出することで、参加者の投票を後押しします。




賛同者


  • 乙武 洋匡
    作家 / TwitterID:@h_ototake
    1億円――政府に払う負担と政府から受ける利益を考えると、これだけの世代間格差が存在しています。にもかかわらず、若い世代の政治に対する意識は、「よくわからない」「誰に入れても同じ」と消極的なものが目立ちます。このキャンペーンを通じて、少しでも若年層の投票率があがることを期待しています。

  • 夏野 剛
    慶應義塾大学 客員教授 / TwitterID:@tnatsu
    若者が投票に行かなければニッポンは変わらない。若者の力を見せつけてやろう。タテマエ、きれいごと、ウソ、ごまかし、そんな時代は終わった。既得権や過去にしがみついている人たちに未来は作れないのだから。

  • 佐々木 俊尚
    ジャーナリスト / TwitterID:@sasakitoshinao
    若者の意見をいったいどのような政党、どの政治家が引きうけていくのか。若者が未来を感じられるような政策はどうあるべきなのか。問題は山積し、答もそうかんたんには見つからないが、しかしまずは投票して政治参加しなければ何も始まらない。考えて悩んでいるだけでは何も動かない。この活動がその第一歩になることを期待しています。

  • 津田 大介
    メディア・アクティビスト / TwitterID:@tsuda
    ネット選挙運動が解禁されたことで、我々有権者は候補者の主張や活動実績など、自らが知りたいことをダイレクトにネットで検索して閲覧できるようになりました。候補者がネットに出てくることで彼らのコミュニケーションスキルを吟味できるようになることも有権者にとっては大きなポイントです。ネットで日常的に我々が議員や官僚に対して「洗練された民意」を直接届けていけるようになることで、政治家と有権者の距離が近くなることを期待したいですね。

  • 堀 義人
    グロービス経営大学院学長 / グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー / TwitterID:@YoshitoHori
    政治家だけでは社会は変えられない。国民とその代表である政治家との連携が必要です。ネット選挙は、まさにその良い政治家を選ぶ道具です。①一人ひとりが正しいと信じることを発言し、②声を掛け合って投票に行き、③良い政治家を徹底的に応援することが大事です。僕もglobis.tvを通じて超党派の仲間を応援していきます。

  • ハリス鈴木 絵美
    Change.org (チェンジ・ドット・オーグ)日本キャンペーンディレクター / TwitterID:@suzuk_e
    今回の参院選は、日本で初めてネット選挙運動が解禁された重要な国政選挙です。街頭演説や選挙カーでしか政治家の意志を聞けなかった以前と違い、みなさんに馴染みのあるSNSで政治家の意見を聞いて、自分でムーブメントを起こせるようになります。政治がより身近となった今、あなたの一票で日本をチェンジしてみませんか?

  • 伊勢谷 友介
    俳優/映画監督/リバース / TwitterID:@Iseya_Yusuke
    社会の変革は、いつも民間からあるべき。これは民主主義の当たり前。第一歩のあり方を考えるとき、それはその代議員制度や、政党政治への疑問を提示するとから始まるのかもしれない。
    我々CGL(http://www.facebook.com/CrowdGovernmentLab)のように、変革の為の活動を始めることも一つのあり方であるとも言える。しかし、それはそれ。今現存するのは代議員制民主主義。代議員が私たちの意思を無視しているならば、自分の意思を提示することからが第一歩。文句を言っていても、投票に行かなければ始まらない。日本の未来、私たちの子孫の未来は今生きている人が導くもの。その責任を果たすことから始めてみよう。

  • 駒崎 弘樹
    認定NPO法人フローレンス 代表理事 / TwitterID:@Hiroki_Komazaki
    公的支出に占める子ども(家族):高齢者は1:11。先進国最悪のバランス。原因は子育て世代である若者が投票に参加しないから。もう待ったなし。ネット選挙運動解禁を機会に、我々は参加していくべき。政治について呟こう。良いことしている政治家を褒めよう。ダメな政治家には意見しよう。これからの政治を創るのは、我々自身だ!

  • 田坂 広志
    多摩大学大学院教授 デモクラシー2.0イニシアティブ代表発起人 / TwitterID:@hiroshitasaka
    今回の選挙において真に問われているものは、「どの政党が勝つか」や「どの政策が支持されるか」ではなく、「この日本において真に民主主義が機能しているか」です。それは、「一票の格差」「選挙制度の歪み」「投票率の低さ」などの問題だけでなく、我々国民一人ひとりが「依存型民主主義」から脱却し、真の「参加型民主主義」を実現できるかという問題に他なりません。その実現をめざすこの運動に賛同します。

  • まつゆう*
    ブロガー・モデル / TwitterID:@matsuyou
    ネット選挙活動が解禁されて初めて行われる選挙。今まで若者たちで選挙に興味のなかった人たちが、参加してみようと思うきっかけになってくれたらと思い賛同させて頂きました。私は選挙の際、投票所でいつも心が引き締まる気がします。小さな1票ですが、これで私たちの未来が変わるかもしれないと。そんな気持になってくれる人が一人でも増えてくれることを期待しています。

  • デーブスペクター
    放送プロデューサー、タレント、放送作家 / TwitterID:@dave_spector
    「燃えよう、熱湯選挙!」
    選挙の歴史を変えるムーブメントに参加出来るのは光栄。55年ぶりに政権交代の時と並ぶ意義ある事なので スマホのラインもいいけどネットで有権者と政治家のラインを結びましょう。一票の力は倍増する今後ネット選挙に期待します。選挙権がないけど!

  • 新浪 剛史
    株式会社ローソン代表取締役CEO
    ネット選挙運動の解禁を契機に、若年層の投票率が飛躍的に伸びることを大いに期待したい。これまでの選挙は、果たして民意が反映されてきたと言えるだろうか。ブーム選挙で投票率が高い時でさえ、若い世代は選挙に無関心ではなかったか。この国の将来を形作るのは、我々世代ではない。寧ろ、20代・30代の若者です。政治に関心を持ち、投票所に足を運んで欲しい。そして、自分達の子や孫の未来の為にも、この国の未来を考え作り行く末を担って欲しい。

  • 三木谷 浩史
    一般社団法人新経済連盟代表理事 / TwitterID:@hmikitani
    ネット選挙活動の解禁をうけて、若い世代の政治への関心が高まることを期待しております。この国の未来をエンパワーするには、若い皆さんの力が必要です。新しい日本を作るために、若者の視点でこの国の政治に大きな変化を起こしてほしい。ぜひ投票に行って、皆で日本を盛り上げていきましょう!

  • 久保田 晃弘
    ARTSATプロジェクト/多摩美術大学教授 / TwitterID:@hemokosa
    ITやSNSなどのパーソナルメディアの普及によって、ものづくりの世界が大きく変り始めました。そして今、ネットによる選挙運動が解禁され、政治の世界にもメイカー・ムーブメントが到来しようとしています。新しい社会には新しい政治が必要です。ひとりひとりが、自らの手で政治をつくり、その成果を広く共有していきましょう。

  • 高谷 史郎
    アーティスト
    今の政治が面白くないからといって選挙にいかないというのは、その面白くない政治が今後も何も変わらない、変わらなくっても良いという意思表示では無いでしょうか。
    何か少しでも変化することを想像すること、そのことに対して後悔しないように責任を持つことが重要に思います。ネット選挙運動解禁を機会に少しでも多くの人が参加するきっかけになればと思います。


協賛企業



メディア掲載情報



運営 / メンバー / お問い合わせ

運営団体

NPO法人 Youth Create

YouthCreate(ユースクリエイト)とは、「若者と政治をつなぐ」をコンセプトに活動をしているNPO法人


実行委員メンバー

原田 謙介@haraken0814
夏目 和樹@Natsumeg_k
喜多 恒介@kosukekitabot
冨田 瑛祐@eitomita
増澤 諒@mojamoja_megane
広瀬 裕貴@hiyokoluv
八木 悠輔@yajiji
宮川 佳祐@shakezoomer
その他、協力者多数

お問い合わせ